沖泊のサンゴ達

久しぶりのブログ更新です。

10/9 松江の沖泊地区にて
海洋環境調査としてお手伝いに行きました。
石倉さん 木村さん 調査会社の方々
ありがとうございました!!

年々温暖化のせいでしょうか、水温も上昇してきており
海洋環境も変化してきています。
通常なら暖かい海にしか生息できないサンゴ達が
生息範囲を広げており北上してきてます。
沖泊がその北限ではないか?という事を明らかにするようです。

という事で
今回沖泊に生息するサンゴ達を下手なりにカメラで撮ってきましたので
ごらん下さい。

togesiro.jpg

togepink.jpg

togeorenge.jpg

umiutiwa.jpg

toge.jpg

mutiyagi.jpg

kisango.jpg

eda.jpg

1.jpg

hoya.jpg


イソギンチャクも色々なカラーが居ます。
isogin.jpg

green.jpg

murasaki.jpg

その他の生物もいます。
ゴカイの仲間 ケヤリムシ
keyari.jpg

キイロイボウミウシ
毒々しい色合いがカッコイイ!
umiusi.jpg

ミノカサゴ
ヒレには毒があります。
しかし美しい。
綺麗な花には毒がある・・・的な
mino.jpg

なぞのカニ
カメラ目線頂きました。
kani.jpg

アカホシカクレエ
イソギンチャクと共生してます。
体長5mmくらい
akahosi.jpg