2013.3.7 倉橋島 ファンダイビング

こんにちわ。
LOCOBLUE K.MORIHIROです。
広島 ダイビング
最近は随分春めいてきましたね★
そんな今日は広島の倉橋島で潜って来ました。

気温18℃ととても暖かく最高のダイビング日和でした。
水温は10℃とまだ冷たいのでドライスーツでのダイビングとなりましたが
ドライスーツは体が濡れないので慣れるととても快適に潜る事ができます。
倉橋島

本日の目的は前回と同様冬場のレア種スナビクニンを探しに。
しかし、なかなか姿を現してくれず
結果はまたしても惨敗・・・

まだまだガイドとしての実力が甘いですね。
もっともっと修行して見つけれるようになります!

気を取り直して、手ぶらで帰るわけにはいかないので
しっかり写真は抑えてきました。
まずは青い触覚が一際目を引くアオボシミドリガイです。↓
アオボシミドリガイ

少し砂地に目をやると
アシシロハゼの巣穴を発見!
ジッとカメラを構えてしばらく待つと
巣穴から共生しているテッポウエビが姿を現しました。
その決定的瞬間を抑えた写真が・・・コレだ 1,2,3。
アシシロハゼ×テッポウエビ
このカップルは巣穴作り担当のエビちゃんと
あまり目が良くないエビちゃんの代わりに
周囲の監視役を買って出るハゼくんの
とてもユニークな共生です。


次に藻場を進んでいると
小さなタコのような形をしたヒトデや
遊泳性のハゼの仲間キヌバリ。
タコのようなヒトデ
キヌバリ

いつもの顔ぶれ巨大アメフラシが海藻をムシャムシャ。
僕の好きなアメフラシの仲間で フレリトゲアメフラシを発見!
巨大アメフラシ
フレリトゲアメフラシ

海の中に潜ると色んな生き物に出逢えます。
それぞれが個々の習性や特徴を生かし
自然界で頑張って繁栄しています。
そんな生き物達のドラマを間近で見る事の出来るダイビングは
とても素晴らしいスポーツですね。

今日も安全に潜ってこれた事と
生き物達に元気を分けて貰ったことに感謝します。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント