2013/7/29 アドバンス講習見学in倉橋

こんにちは  広島 ダイビング

LOCOBLUE K.MORIHIROです。

この度、インストラクターとして勉強の為に
ダイビングの師匠であるRAYDIVINGの紙さんに着いて
アドバンス講習の見学をさせて頂きました。

広島のダイビング事情から、今後の課題など
まだまだ考えの浅い僕にとって刺激のある
ためになるお話も聞かせて頂きました。

ありがとうございました!

早速ですが
本日のアドバンス講習の風景です。
師匠&講習生です↓
kamisan2.jpg

kamisan3.jpg

インストラクターとして、目配り、気配り
安全管理から生物紹介と完璧にこなされる姿は
まさにいぶし銀です。
私の目標です!
いや、いつか超えてみせます。

生物はというと
いつもの顔ぶれ
有毒生物のハオコゼです。
オスがメスへ求愛中★
「YOー、ネーチャン。おいらと一杯、塩水でもどうだい??」
haokozevs.jpg

ハオコゼよりも強い毒を持つ魚
オニオコゼです。(赤〇)
その周りをハオコゼ3匹(青〇)が
威嚇してます!
「テメー、俺らの縄張りに入ってんじゃねーよ!」の図。
oniokozevs.jpg

オニオコゼの悪い顔アップ。
以前、コイツにうっかり触ってしまい
刺されたのを思い出します。
激痛で3日は腫れたままでした。
注)みなさん、足元はよく見て泳ぎましょう。
oniokoze2.jpg

春には小さかったスズメダイの幼魚も
大きくなりました。
suzume.jpg

根の上には
倉橋ではキレイな方で、体色が黄色と黒の虎柄の魚
ナベカとその横にヘビギンポのメスとの2SHOT。
nabeka-hebi.jpg

ラストはやはりタツノオトシゴでしょう!
なんとおなかにはたくさんの卵を抱えてます。
タツノオトシゴはお父さんが
おなかで子供を育てます。
tatu.jpg

改めて倉橋島の海の豊かさに感動した1日でした。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント